不妊治療で使われる排卵誘発剤とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊治療でよく使用されている排卵誘発剤の使用目的は、卵巣を刺激することです。卵巣を刺激して卵子の成長を促し、排卵しやすくするのです。

しかし、重大な副作用として、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)や多胎妊娠があり、また排卵誘発剤の種類によっては使い続けると、結果的に妊娠しにくくなるという副作用もあります。

また、卵巣刺激をするだけなので、卵巣の栄養素不足や、血行不良などに関しては何の解決にもなりません

メリットも大きいのですが、この薬剤だけで、すべてが解決することはなく、またデメリットもあります。

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_s.jpg
副作用が心配....

排卵誘発剤とは

卵子の成長を促し、排卵を促進させて、少しでも妊娠率を向上させるために使用されるのが排卵誘発剤です。また、黄体機能を高めて基礎体温を安定させるなどの作用があります。

一般には、月経不順や無月経、排卵障害が原因の不妊症の治療に使われますが、排卵がふつうにある場合でも、人工授精や体外受精のときに、妊娠率を上げる目的でよく用いられます。

排卵誘発剤と聞くと、やはり自然ではないので、敬遠される方も多く、よく「障害を持った子供が生まれてくること」を心配されます。

しかし排卵誘発剤は、卵巣を刺激はしますが、卵子には直接作用しませんから、過度に心配する必要はないでしょう。

排卵誘発剤の種類と効果

排卵誘発剤は、比較的作用の弱い「経口薬」と、作用の強い「注射薬」の2種類に分けられます。

1、経口排卵誘発剤

経口の排卵誘発剤で最もよく使用されるのが、クロミッド(一般名:クロミフェン)という薬です。

無排卵や無月経の患者さんのみならず、黄体機能不全、さらに人工授精における妊娠率を向上させるためなど使用範囲が広く、不妊治療の現場では、排卵誘発剤といえば、ほぼクロミッドを指すと言っても過言ではないでしょう。

この薬は脳に作用して、卵巣を刺激するホルモン(FSH)の分泌を促す事により、間接的に卵胞の発育、ひいては排卵を促します。

しかし、使い続けると「子宮内膜が薄くなる」、「経管粘液が減少する」などの問題点があるため、使用期間が長くなるにつれて、逆に妊娠しにくくなってしまうのです。

また、この薬を用いて妊娠した場合には、通常の妊娠より流産率が少し高くなります。

この薬によって双子が生まれる確率は約5 %といわれています。また、服用中に、頭痛や吐き気がまれにおこることがありますが、あとで述べる卵巣過剰刺激症候群という重大な副作用が出る事はほとんどありません。

通常の使用方法は「生理が始まって5 日目から、1 日1 錠を5 日間服用する」というものですが、副作用を軽減するために、生理初日からや、3 日目から服用を指示するドクターもいます。

また、治療を一時的にお休みして、体調をリセットするということも本当は大切なことだと知っておいてください。

セキソビド(一般名:シクロフェニル)という薬もクロミッドと同様、排卵誘発作用をもつ薬ですが、経管粘液減少や子宮内膜が薄くなるなどの問題が小さいかわりに、排卵誘発作用もクロミッドほど強くありません。

ただ、この薬は1 日4 ~6錠と服用する量も多く、また7 ~10 日間服用しなければならないので、クスリを飲む側からみれば心理的負担はクロミッドより大きいかもしれません。

2、注射薬の排卵誘発剤

注射薬の排卵誘発剤としては、HMG製剤(ヒュメゴン、パーゴナル、フェルティノームP など)が頻用されます。

HCG製剤(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と併用して使うのが一般的で「hMG‐hCG療法」と呼ばれています。

この薬は、FSHと同じ作用を持ち、卵巣に直接働いて卵胞の発育を促します。経口の排卵誘発剤よりは作用が強く、使用目的によって用いる量も違います。

つまり、無排卵の患者さんに排卵を促す目的で用いる場合と、体外受精のために1 度にたくさんの卵を得るために用いる場合とでは使用量は全く違います。

HMG製剤は卵巣を直接刺激しますので、一度に複数の排卵が起こることも多く、したがって、双子、三つ子などが生まれる「多胎妊娠」の確率は20 %前後あります。

強力な薬剤なので、用いる量や患者さんの病状や薬に対する感受性によって「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」という副作用がおこる頻度が高く、十分に卵巣の反応をみながら使用しなければならない薬剤です。

また、筋肉注射のため通院が必要で、治療代も高価です。

排卵誘発剤の副作用

「hMG‐hCG療法」を行なう場合には、以下の副作用が問題になります。

とくに、35歳以下の若い人、やせ型の人、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人は、HMG製剤に対する感受性が高いので、注意が必要です。

1、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

HMG製剤を使用すると、同時に多数の卵胞が刺激を受けて発育してくるため、卵巣が腫(は)れてしまい、おなかに水がたまります。

さらに重症になると胸にも水がたまり、血管の中の水分が不足するので、血液が濃くなってねばりけが増します。

これは、血栓症や呼吸困難、腎不全などをおこす非常に恐い副作用です。

しかし、OHSSをまったくなくすことは、HMG製剤を使う以上不可能です。自覚できるOHSSのサインは、腹満感つまりおなかが張る感じや、下腹部痛、体重増加、腹囲増加、尿量や尿の回数の減少、口が渇く感じなどです。

HMG製剤の注射をしているときは、たびたび体重を測り、スカートがきつく感じたら注意してください。軽いOHSSがおきてしまったら、卵巣が腫れ、下腹部痛、帯下の増加、腹満感、尿量減少などの症状がみられます。

塩分を多めに摂取し、水分も多めに飲んで、安静にすることがたいせつです。また、外来で超音波エコー、血液検査を行ない、重症の場合は入院が必要です。

月経がくればすみやかによくなりますが、妊娠した場合は、妊娠6週~8週くらいまで重症の状態が続きます。

2、多胎妊娠

排卵誘発剤の副作用として問題なのが、同時に多数の卵胞が発育し排卵することによっておこる多胎妊娠です。

多胎妊娠やその分娩は、母体合併症、早産、低出生体重児、新生児死亡、後障害など、母子ともに産科的問題をおこしやすく、精神的、経済的に大きな負担になります。

近年、排卵誘発剤の頻用や体外受精などの補助生殖医療の普及にともない、多胎妊娠の発生頻度は増加し、問題になっています。
 
排卵誘発剤は不妊症治療にとってきわめて有用度の高い薬剤であり、不妊に悩む夫婦にとって大きな福音となっています。

しかし副作用も多いので、その有効性と副作用を十分に理解し納得したうえで治療を受けることが大切です。

排卵のしくみ

下図のように、①から⑨までの順番通りに、各所からホルモンが分泌されています。

①視床下部から「卵胞刺激ホルモン放出ホルモン」が分泌され、その刺激により②脳下垂体から「卵胞刺激ホルモン」が分泌され、これが卵巣を刺激し、③卵胞が発育します。

発育した卵胞からはエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌され、そのエストロゲンが視床下部に作用して、⑥「黄体形成ホルモン放出ホルモン」が分泌されます。

これによって⑦下垂体から「黄体形成ホルモン」が分泌されます。これが卵巣を刺激して、最終的に成熟した卵胞から排卵がおこるのです。

joseihorumon.jpg

卵子の成長

卵子は原始卵胞から一次卵胞、二次卵胞、胞状卵胞およびグラーフ卵胞という風に、いろいろな段階の卵胞が、卵巣の中で常に休みなく発育を続けています。

原始卵胞は150日以上の時間をかけて、じっくりと自律的に成長し、一次卵胞になります。その後一次卵胞は約120日ほどをかけて、直径0.2mmの二次卵胞になります。

そしてさらにこの二次卵胞が直径20mmの排卵直前の状態になるまで、約85日かかります。ここが最終段階の成長です。

85日間といえば、28日周期で3周期分です。つまり、他の卵胞たちが2回排卵する間も、出番を待ちながら、休まず発育を続けていたということです。

思春期の女性の卵巣には、卵子を包んでいる卵胞が20万個以上つまっています。

一回の月経周期中になくなる卵胞の数は数百から千個ほどです。一日に換算すると実に数十個ほどの卵胞が毎日減り続け、やがて閉経を迎えます。


「カラダづくり」を、もっと効果的に

排卵誘発剤のおかげで、今より妊娠しやすくなるのですから喜ばしいことです。
ただ、この排卵誘発剤は身体の「ホルモンの部分」を手助けしているだけなのです。

ホルモンとは簡単に言うと「指令書」ですから、排卵誘発剤を使うことで、一応は卵巣に指令が届けられるはずです。

しかし、そもそもは実際に動いてくれる卵巣や子宮といった臓器が、いかに栄養満点で元気かということがカギを握っているのです。そしてこれは単に「ホルモンの部分」をいじっただけでは解決できないのです。

このあたりのことは、以前のエントリー「不妊治療のカギを握る、「ホルモン」の働き!」で詳しく書いていますので、よろしければ参考になさってください。

まとめ

排卵誘発剤は、卵巣を刺激して卵子の成長を促し、排卵しやすくします。しかし、重大な副作用として、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)や多胎妊娠があり、また排卵誘発剤の種類によっては使い続けると、結果的に妊娠しにくくなるという副作用もあります。

メリットも大きいのですが、デメリットもあり、またこの薬剤だけで、すべてが解決することはありません。

カラダづくりによってあなたの子宮や卵巣の血行や栄養状態を改善していくことが、排卵誘発剤を最大限に活かすことにつながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

漢方のことなら、
おまかせください。

「私って不妊タイプかも?」と気になっていらっしゃる方が増えています。 なかには、結婚前から「赤ちゃんを授かりやすい体づくりを」と来店される方もいらっしゃいます。 「結婚したらすぐ赤ちゃんができるものと...
薬局で鎮痛剤を求める方が増えています。その中でも特に気になるのが 生理痛を訴える若い女性です。 「痛みでつらく、授業も集中できない」 「仕事にならないくらいきつい」 「痛くなってからでは遅いから...
赤ちゃんを母乳で育てたいと望む妊婦さんが96%以上であるなか、実際に母乳で育てているお母さんは50%にも満たないそうです。 おっぱい生活を順調に送るために、母乳外来をおすすめします。 母乳で愛情をたく...
妊婦さんは病気ではありません。よって体調が良ければ普段と同じように生活して大丈夫です。 ただし妊娠中は体温調節が難しいので、夏の暑い時期や季節の変わり目などには注意が必要です。夏バテしてから対処法を実...
赤ちゃんを望むのに、なかなか授からない・・・そのストレスがまたさらなるストレスを呼び、ますます妊娠から遠ざかる、そんなご夫婦にお会いするたび、何とかしてその悪循環から抜け出してもらいたいと思っています...
不妊で悩んでおられる方で、もし日常的に体をあまり動かしておられなければ、まずはウォーキングを始められるのはいかがでしょう。 ウォーキングには、不妊体質の改善にとっても良い3つの効果があります。 1、全...
不妊治療は時間もお金もかかり、ストレスも相当なものがあります。またホルモン治療の副作用などで心身ともに消耗してしまう方も少なくありません。 そんな中で離婚という結果になってしまう方も少なからずおられる...
不妊治療には、とにかくたくさんのお金がかかります。特に体外授精をはじめとして、高度生殖医療となると、ある程度まとまった金額が必要になりますね。 ただ、ありがたいことに多額の医療費を支払った場合には、不...
35歳以上で出産することを高齢出産と言い、50歳以上での出産を超高齢出産と呼びます。 不妊治療に限らず、その後の妊娠・出産という大仕事は体力を多く使うため、高齢になればなるほど、体に負担がかかります。...
今日は平日でしたが、 お盆前で 朝の広場には、 いつも土曜に開かれる 朝市が立ってました。 威勢のいいおばちゃんたちと 地域の子供たちが 一緒にラジオ体操を するのは実は初めての事です。 にこやかな朝...
今日も暑いです。 裏手にある明倫小学校からは プールに来ている子供たちの歓声が聞こえてきます。 夏の抽選会で花火セットが当たって喜ぶ女の子。 ちょっとブレちゃいました(^^;) さて、 こんな日は、の...
昨日は水俣の 「海と夕焼け」というホテルに泊まり、 今朝は、近くの 「星野富弘美術館」にお邪魔しました。 小さい美術館ですが、 たくさんの温かい心をもらいました。 さて、 水俣病と聞いても、 おそらく...
昨日の激しい雨がうそのような晴天! 今日は母乳育児談話会(ヘルシーマザーの会)でした。 お店の中も赤ちゃん達の笑顔で快晴です。 前半はアブラの話でした。  現代の日本人は40年前と比べると、 なんと約...
いい季節になりましたね。 日が昇るのも早くなりましたが、 「春眠暁を覚えず」の故事のとおり、 ふにゃふにゃと惰眠をむさぼる今日この頃です(^^;) 街の桜は今年は一気に咲いて散ってしまいましたが、 い...
朝晩は寒いですが・・・ 日中はまだまだ暖かくて助かります。 今日は、例月のマザーの会 「ベビーマッサージ」をやりました。 これから寒くなっていくでしょうから、 今年は、これが最後のベビーマッサージにな...

宮崎薬局
子宝カウンセラー・管理薬剤師  宮崎 佳詠子

女性のカラダはホルモンバランスによって大きく体調が左右されます。 そんな女性が本来もっている力を引き出すお手伝いができれば幸いです。


ヘルシーみやざき鹿島薬局
管理薬剤師  宮崎 法幸

東京薬科大学卒業後、都内企業にて医薬品販売を学ぶ。 その後、農業に携わる時期があり、食と農と健康の関係を詳しく学ぶ。 薬剤師、温熱整体療法士。

〒843-0024
佐賀県武雄市武雄町大字富岡12506-3
電話:0954-26-8222